キッチンを軸にしたリビングダイニングと、窓側に配置された洋室の1LDK。

キッチンを軸にしたリビングダイニングと、窓側に配置された洋室の1LDK。

リビングダイニングは約11帖。

リビングダイニングは約11帖。

窓際の洋室(6帖)は寝室に。

窓際の洋室(6帖)は寝室に。

バルコにはー南向き。

バルコにはー南向き。

ウォークインクローゼットがふたつ。ひとつは洋服、もうひとつは洗濯機や生活用品の置き場に。

ウォークインクローゼットがふたつ。ひとつは洋服、もうひとつは洗濯機や生活用品の置き場に。

洗面台、洗濯機置き場。

洗面台、洗濯機置き場。

トイレ、お風呂。

トイレ、お風呂。

キッチンはカウンター式。

キッチンはカウンター式。

作業スペースが大きいので料理がしやすい。

作業スペースが大きいので料理がしやすい。

3口ガスコンロ、グリル付き、収納も使いやすいもの。

3口ガスコンロ、グリル付き、収納も使いやすいもの。

キッチンの後ろには小さなベランダが。ごみの日まで空いたペットボトルや空き缶などの置き場にできる。

キッチンの後ろには小さなベランダが。ごみの日まで空いたペットボトルや空き缶などの置き場にできる。

そしてこのベランダから、代官屋敷一帯が望めます。

そしてこのベランダから、代官屋敷一帯が望めます。

スタイリッシュな外観ながらも、代官屋敷との調和も取れている。

スタイリッシュな外観ながらも、代官屋敷との調和も取れている。

代官屋敷は趣きのある、とても素晴らしい場所です。ぜひ一度は行っていただきたい。

代官屋敷は趣きのある、とても素晴らしい場所です。ぜひ一度は行っていただきたい。
Loading...

世田谷・代官屋敷の恩恵-1LDK- 202

STAFF RECOMMEND

担当:はせがわ

世田谷代官屋敷。
彦根藩世田谷領の代官を世襲した大場家の私邸かつ役宅(wiki引用)で、重要文化財に指定されている世田谷の遺産です。

今回は、この代官屋敷の真うしろに建つ新築マンション。代官屋敷の真うしろっていうから、気になるじゃないですか。地図を見て、本当に真うしろだー! と感動。実際に現地に行ってみると、あまりの近さに思わず笑いが込み上げてきます。これは本当にすごい。

外観から新築らしさは見られますが、決して主張が激しいわけではなく、ちゃんとこの場に馴染んでいる姿に好感が持てる。

お部屋は2階の角部屋。カウンターキッチンを軸にしたリビングダイニングと、窓側に配置された洋室の1LDK。室内は白を基調に、シンプルで使いやすさがうかがえるつくり。

洋室は寝室として、ベッドとチェスト、本棚なんかを置いて。リビングダイニングはダイニングテーブルをふたり用のものにすれば、あとはソファとテレビも置けちゃう。
水まわりは新品のものなので、当たり前ですがぴっかぴか。キッチンはガスコンロ3口もあるので、料理がはかどる。キッチンうしろには小さなベランダが。換気、採光、ごみの処理などに便利だ。

そして、このベランダから、代官屋敷一帯が見えます。
屋敷をぐるっと囲むように緑が豊かに育ち、とにかく気持ちがいい。国の重要文化財をこんな間近で見られるなんて。こんなことありか。

今更ですが、代官屋敷は趣きがあって美しくて、ってのもあるんですが、あの時代に置き忘れたかのようにそのままの姿を残しているから、確かに存在していたというのが容赦なく伝わってくるんです。感動してしまう。

直接生活に関わるポイントってわけじゃないけれど、なんか、勝手に誇らしく思える。
あの時代を生きた人びとの生き様、世田谷をつくった歴史の恩恵にあやかって、誇らしく生きてみたい。

*写真は他の部屋のものとなります

Fudousan Plugin Ver.1.7.15